ネイルと爪の長さ

 

ネイルをするに適している爪の長さというのはあります。ネイルに適している爪の長さというのは人それぞれ違っていると思いますが、あまり長くしても限界というものがあります。長くしすぎてしまうと日常生活で不便さを感じたり、どこかにぶつけてしまったときに折れてしまうというようなこともありますから注意が必要です。また自分に害があるのならまだいいのですが、人をケガさせてしまう恐れもありますから気をつけましょう。
またネイルをしている爪が長すぎると、あまり見た目にも上品には見えません。適度な長さというものがあるので、適度な長さで保つことが大切です。つけ爪をするという場合にも同じことが言えるのですが、爪の重さで本当の爪の根元が痛むこともありますから、自爪を傷めているのでは意味がありませんし、回復するまでに時間がかかることもあるので注意が必要です。
限界といわれているネイルでの爪の長さとしては、フリーエッジが爪全体の3分の1位になっていて、ネイルヘッドの半分になってくるともうこれ以上は限界ということになります。理想的なネイルをするのに適している爪の長さとしては、フリーエッジの詰めの上の白い部分が爪の全体からみると4分の1位の長さになっているというのが理想的な長さといわれています。
ネイルで爪の長さによってバランスなども変わってきますから、爪の長さについては実は意外と大切です。爪をカットするときには爪切りで切らずにファイリングといって爪やすりを使うのが一番です。

ネイルと整え方

 

ネイルの形というのは人それぞれ好みなどもあるので、長さや形は個人差があります。特に形というのはその人が持って生まれている爪の形もあります。そして生活習慣によってはそれほど長さ的にも長くのばすことができないという人もいると思いますから、形や長さというのは人それぞれ違ってくると思います。
ネイルの形には大きく分けると4つの形があります。まず一つ目はスクエアと呼ばれる形ですが、こちらは角が四角くなっているものであまり自分の爪ではしない形です。どちらかというと付け爪などの場合に行われる形で上から受ける刺激に対しては強いのですが、角があるために角が引っかかることもあるので注意しましょう。
そしてスクエアオフという形もあります。こちらは先ほどのネイルの形のスクエアの角の部分に丸みがあるタイプです。爪の先に平均して重みなども掛かりますから、一番丈夫で比較的耐久性もある形として言われています。ネイルアートをしてもこの形ならとても綺麗に映えるといわれています。
そして三つ目のネイルの形押しては、ラウンドと呼ばれる形があります。これは横の部分がまっすぐで先はまるくなっているタイプです。短めのネイルでも女性らしい感じがあります。そして最後のネイルの形としてオーバルと呼ばれる形があります。これは横から爪の先を卵のような形に絞っているような形です。強さ的にはほかのネイルの形には劣るのですが、上品なイメージのある形として重宝しています。

ネイルの種類

 

ネイルの種類は色々とあります。ネイルをまず二つに分けるとジェルとスカルプに分けることができますし、そしてジェルをさらに分けるとソフトジェルとハードジェルに分けることができて、さらにソフトジェルを分けるとバイオジェルとカルジェルに分けることができるのです。ネイルの種類のジェルはジェル状の液体を爪に塗っていくというもので、液体によっては自分の爪が痛んでしまう可能性もあります。正面からみるとカーブの部分がとても難しいネイルです。
ネイルの種類はスカルプと呼ばれるものもあります。ネイルのスカルプは、アクリルの粉とリキッドを混ぜて作っている人工でできた爪です。ジェルと比べると全体的に白い感じのするネイルになります。
ジェルを二つに分けることができるのですが、ソフトジェルの方は、柔らかくてあまり割れないような素材でできています。ハードジェルに比べてみると少し白っぽい感じがしていますが、溶液を使うことで簡単に手軽に落とせるメリットがあります。ハードジェルの方は、固いことが特徴で透明感やクリアな感じは十分に出すことができるのですが、削らなければ落とすことができないというデメリットがあります。
そしてソフトジェルも大きく分けると二つに分けられてバイオジェルとカルジェルに分けることができます。バイオジェルはカルジェルよりも固めで長さを出したいときに重宝します。トップコートを何度も塗らなくてもいいというメリットもあります。
そしてカルジェルの方は、柔らかくて長さはそれほど出せません。